A & G Belting Systems sas
di Aprovitola Enzo e C.

股下測定レポート by 背伸びで Poster パンドラペンダント

404 Page not found

pandora Online-Shoplock">

パンドラペンダント

pandora yritys
pandora butik
azienda pandora
Armband Pandora
fascino del braccialetto di pandora

« あなたのことが好きーManu Chao”Me gustas tu” | Home | 真実の感覚-azgas”lasensaciondelarealidad” »

2008/06/01
彼女はヤクを持ってる-Underworld”Born Slippy”

ついにこれも9回目まで続きましたね
よくやれてますね自分…
読んでくださるみなさまいつもありがとうございます

実はこの曲もリアルタイム体験してないんですよ…
結構後から聞いて影響された曲が多いなあ

この曲はクラブでの定番曲なのでみなさん知ってるかな?
トレインスポッティングという映画で使われたことでも有名。
少なくとも自分の周りおよび人の話を聞く限り、
エポックメイキングな作品だったということだけは分かります

詳しくはウィキペディアへどうぞ
ニコニコ動画入ってる方はこちらも

この曲が有名になったのは
やっぱりこの映画との相性がよかったからなんじゃないかな
聞いたときに何かが終わってしまうような切なさを覚える
そしてろくに意味のない歌詞。
boy, boyと呼びかけるようで何も言っていない

ヤク中の若者の話。
抜け出そうとして抜け出せない、馬鹿な若者。
人を裏切って何とか抜け出す…

私はそういう世界にものすごく惹かれている部分がある。
いきがってるのが羨ましいとかを越えた理由があってのことだ。

中学から「金持ち」で有名な私立校に通って
みんなが自由に楽しむ中、指をくわえて眺めていた
小学校のときの友達には会わなくなった
私の小学校は付近で「荒れている」と評判の学校だった
その中心とは言わないけれど、たまり場だったのが私の住むオンボロマンションだった

私が私立に行ったのは、自分で「こんなところに居たくない」と思って親に頼んだからで

誰かに頼まれて行ったわけではない
たまたま当時親も羽振りがよかったから
わがまま娘を私立に行かせることができた

階級的には、中の中くらいだったのに、
学校だけ上の中くらいのところに行ってしまった
(この階級とは頭の良さではなく、所得的な問題)
でもどんな立ち振る舞いをしても
あの悪名高かった小学校の出身なのは変わらない
小学校では低学年のときと、高学年のときと、2回いじめられた
それから逃げただけだ

はじめのころは「まー勉強したんだから当然でしょ」と思ったけど
その勉強だって、金で買ったようなもんだ
それを果たして自分の才能と言えるのだろうか

そんなこんなでいつの間にか結構有名な大学に入学し
自分はいつの間にか他人から「勝ち組」と思われるようになった
ついこの間まで生意気な人だと思われていたのに
その視線を気持ちよく感じていた時期もある
でも今は背徳しか感じない
客観的に見たら、確かに自分は勝ち組なのかもしれない
でも、そんな単純に考えられない
このものすごい後ろめたさは、いったいどこから来ているんだろう

映画の冒頭に、Choose life.という有名なフレーズがある。
私はいつも後ろめたさを感じるようなことばかり選んでいる。
きっとずっとこの性格は変わらないのだろう。

初めてこの曲を聴いたのは
確かイギリスに語学留学していたころだ
そこは金持ちの外国人(イギリス人にとっての「外国人」)が集まり
ひたすら海岸沿いの美しい街を
国際交流の名の下に侵略していた場所だった
14歳の私は何も考えずに
街中で傍若無人な振る舞いをしまくっていた
クラブも22時には追い出される
そんなときでも必ずかかっていたこの曲は
相変わらず時間の感覚を忘れさせてくれた
そのころは「クラブでかかってた1曲」以上の思い入れはなかった

それから1年半くらい経ったころ、
私は生まれて初めて煙草を吸った
日の出ごろに起きて、住んでいた家の裏でこっそり吸った
その国で、16歳の人が煙草を吸うのは合法だった
当時の友達の多くはマリファナに手を染めていた
真面目を気取っていた自分って一体なんだったんだろうと思った
そもそも今までやっていたことに意味があったのか
よくわからなくなっていた
真面目に勉強して、模範的な生徒になること…
それにどういう意味があるのだろうか?
生きやすいかもしれないけれども
わたしの人生なのだろうか と

そんな迷いを感じ、合法的な選択肢として当時煙草を選んだ…はず
たぶん

何か変わるんじゃないか、って信じてたんだろうなあ
16歳の自分は。

あ、それ以降タバコが非合法なときは吸ってませんよ!!
一応念のため!

そのとき太陽があがっていくときに
自分の心の中で流れていたBGMはBorn Slippyだった
「生まれ損ない」という意味らしい
歌詞に深い意味はないだろう

無駄な人生の中で
少しでも人に何かを与えられればいいと思って
もがきながら生きる

2008/06/01 12:00 | 音楽 | 2 Comments

Trackback URL
Comment & Trackback

レグラネグラ—五線譜は関係ない » Blog Archive » 彼女はヤクを持ってる-Underworld”Born Slippy”

Posted at 2013.07.21 10:33:30 by ティファニー 店舗

http://kcfx.net/brand-149-c0.htmlカナダグース 偽物 通販

Posted at 2016.09.21 19:47:19 by カルティエ 財布 偽物
Comment feed
Comment



« あなたのことが好きーManu Chao”Me gustas tu” | Home | 真実の感覚-azgas”lasensaciondelarealidad” »

2008/06/01
彼女はヤクを持ってる-Underworld”Born Slippy”

ついにこれも9回目まで続きましたね
よくやれてますね自分…
読んでくださるみなさまいつもありがとうございます

実はこの曲もリアルタイム体験してないんですよ…
結構後から聞いて影響された曲が多いなあ

この曲はクラブでの定番曲なのでみなさん知ってるかな?
トレインスポッティングという映画で使われたことでも有名。
少なくとも自分の周りおよび人の話を聞く限り、
エポックメイキングな作品だったということだけは分かります

詳しくはウィキペディアへどうぞ
ニコニコ動画入ってる方はこちらも

この曲が有名になったのは
やっぱりこの映画との相性がよかったからなんじゃないかな
聞いたときに何かが終わってしまうような切なさを覚える
そしてろくに意味のない歌詞。
boy, boyと呼びかけるようで何も言っていない

ヤク中の若者の話。
抜け出そうとして抜け出せない、馬鹿な若者。
人を裏切って何とか抜け出す…

私はそういう世界にものすごく惹かれている部分がある。
いきがってるのが羨ましいとかを越えた理由があってのことだ。

中学から「金持ち」で有名な私立校に通って
みんなが自由に楽しむ中、指をくわえて眺めていた
小学校のときの友達には会わなくなった
私の小学校は付近で「荒れている」と評判の学校だった
その中心とは言わないけれど、たまり場だったのが私の住むオンボロマンションだった

私が私立に行ったのは、自分で「こんなところに居たくない」と思って親に頼んだからで

誰かに頼まれて行ったわけではない
たまたま当時親も羽振りがよかったから
わがまま娘を私立に行かせることができた

階級的には、中の中くらいだったのに、
学校だけ上の中くらいのところに行ってしまった
(この階級とは頭の良さではなく、所得的な問題)
でもどんな立ち振る舞いをしても
あの悪名高かった小学校の出身なのは変わらない
小学校では低学年のときと、高学年のときと、2回いじめられた
それから逃げただけだ

はじめのころは「まー勉強したんだから当然でしょ」と思ったけど
その勉強だって、金で買ったようなもんだ
それを果たして自分の才能と言えるのだろうか

そんなこんなでいつの間にか結構有名な大学に入学し
自分はいつの間にか他人から「勝ち組」と思われるようになった
ついこの間まで生意気な人だと思われていたのに
その視線を気持ちよく感じていた時期もある
でも今は背徳しか感じない
客観的に見たら、確かに自分は勝ち組なのかもしれない
でも、そんな単純に考えられない
このものすごい後ろめたさは、いったいどこから来ているんだろう

映画の冒頭に、Choose life.という有名なフレーズがある。
私はいつも後ろめたさを感じるようなことばかり選んでいる。
きっとずっとこの性格は変わらないのだろう。

初めてこの曲を聴いたのは
確かイギリスに語学留学していたころだ
そこは金持ちの外国人(イギリス人にとっての「外国人」)が集まり
ひたすら海岸沿いの美しい街を
国際交流の名の下に侵略していた場所だった
14歳の私は何も考えずに
街中で傍若無人な振る舞いをしまくっていた
クラブも22時には追い出される
そんなときでも必ずかかっていたこの曲は
相変わらず時間の感覚を忘れさせてくれた
そのころは「クラブでかかってた1曲」以上の思い入れはなかった

それから1年半くらい経ったころ、
私は生まれて初めて煙草を吸った
日の出ごろに起きて、住んでいた家の裏でこっそり吸った
その国で、16歳の人が煙草を吸うのは合法だった
当時の友達の多くはマリファナに手を染めていた
真面目を気取っていた自分って一体なんだったんだろうと思った
そもそも今までやっていたことに意味があったのか
よくわからなくなっていた
真面目に勉強して、模範的な生徒になること…
それにどういう意味があるのだろうか?
生きやすいかもしれないけれども
わたしの人生なのだろうか と

そんな迷いを感じ、合法的な選択肢として当時煙草を選んだ…はず
たぶん

何か変わるんじゃないか、って信じてたんだろうなあ
16歳の自分は。

あ、それ以降タバコが非合法なときは吸ってませんよ!!
一応念のため!

そのとき太陽があがっていくときに
自分の心の中で流れていたBGMはBorn Slippyだった
「生まれ損ない」という意味らしい
歌詞に深い意味はないだろう

無駄な人生の中で
少しでも人に何かを与えられればいいと思って
もがきながら生きる

2008/06/01 12:00 | 音楽 | 2 Comments

Trackback URL
Comment & Trackback

レグラネグラ—五線譜は関係ない » Blog Archive » 彼女はヤクを持ってる-Underworld”Born Slippy”

Posted at 2013.07.21 10:33:30 by ティファニー 店舗

http://kcfx.net/brand-149-c0.htmlカナダグース 偽物 通販

Posted at 2016.09.21 19:47:19 by カルティエ 財布 偽物
Comment feed
Comment
フェイスは見破れない-Lady gaga”Poker face”
  • 季節外れの激しい雨が降ってる-忌野清志郎”激しい雨”
    1. このブログについて (2)
    2. 番外編 (14)
    3. 音楽 (61)
    4. 新メディアツールの特性 (8)
    1. 2010年 9月
    2. 2010年 8月
    3. 2010年 7月
    4. 2010年 6月
    5. 2010年 5月
    6. 2010年 4月
    7. 2010年 3月
    8. 2010年 2月
    9. 2010年 1月
    10. 2009年 12月
    11. 2009年 11月
    12. 2009年 10月
    13. 2009年 9月
    14. 2009年 8月
    15. 2009年 7月
    16. 2009年 6月
    17. 2009年 5月
    18. 2009年 4月
    19. 2009年 3月
    20. 2009年 2月
    21. 2009年 1月
    22. 2008年 12月
    23. 2008年 11月
    24. 2008年 10月
    25. 2008年 9月
    26. 2008年 8月
    27. 2008年 7月
    28. 2008年 6月
    29. 2008年 5月
    30. 2008年 4月
    31. 2008年 3月
      1. RSS 2.0
      2. Comments Feed
      3. Powered by WordPress
      4. 管理者ページ



      « あなたのことが好きーManu Chao”Me gustas tu” | Home | 真実の感覚-azgas”lasensaciondelarealidad” »

      2008/06/01
      彼女はヤクを持ってる-Underworld”Born Slippy”

      ついにこれも9回目まで続きましたね
      よくやれてますね自分…
      読んでくださるみなさまいつもありがとうございます

      実はこの曲もリアルタイム体験してないんですよ…
      結構後から聞いて影響された曲が多いなあ

      この曲はクラブでの定番曲なのでみなさん知ってるかな?
      トレインスポッティングという映画で使われたことでも有名。
      少なくとも自分の周りおよび人の話を聞く限り、
      エポックメイキングな作品だったということだけは分かります

      詳しくはウィキペディアへどうぞ
      ニコニコ動画入ってる方はこちらも

      この曲が有名になったのは
      やっぱりこの映画との相性がよかったからなんじゃないかな
      聞いたときに何かが終わってしまうような切なさを覚える
      そしてろくに意味のない歌詞。
      boy, boyと呼びかけるようで何も言っていない

      ヤク中の若者の話。
      抜け出そうとして抜け出せない、馬鹿な若者。
      人を裏切って何とか抜け出す…

      私はそういう世界にものすごく惹かれている部分がある。
      いきがってるのが羨ましいとかを越えた理由があってのことだ。

      中学から「金持ち」で有名な私立校に通って
      みんなが自由に楽しむ中、指をくわえて眺めていた
      小学校のときの友達には会わなくなった
      私の小学校は付近で「荒れている」と評判の学校だった
      その中心とは言わないけれど、たまり場だったのが私の住むオンボロマンションだった

      私が私立に行ったのは、自分で「こんなところに居たくなã